これを知るだけで心が楽になるPMSの話

こんにちは。
BELLO パーソナルジムです♪

前回に引き続き今回も女性に関するブログを書きました!
最後まで読んでいただけると嬉しいです!

日本人女性の70−80%が『PMS(月経前症候群)』の症状あり。
病気ではないが、毎月来ることや症状で悩まれている方が多いPMSについてお話していきます。

まず、『PMS』初めて聞いた方、それって病気かなにかですか?
という方へ簡単にPMSについて説明していきたいと思います。

PMSとは、月経前症候群のことをいい、
月経前約3−10日前に『精神的、』『身体的』に何らかの症状が出る
ことを言います。
症状や度合いは人によって様々ですが、代表的なものとして、
イライラ、食欲増進、むくみ、眠気、情緒不安定、胸が張る
といったものが挙げられます。

では、これらの症状がなぜ起こるのかについて説明していきます。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つが存在し常に分泌されています。
分泌量は同じではなく、時期によって変化します。
排卵期まではエストロゲンが優位ですが、排卵が終わり黄体期になるとプロゲステロンが
優位になります。
マラソンで1位と2位が入れ替わるイメージです。

この入れ替わるタイミングがいわゆる生理前で、2つホルモンバランスの変化によって、
イライラなどの症状が起こるのです。
黄体期から増えるプロゲステロンには、食欲増進、体内の水分量をキープする、
セロトニン(幸せホルモン)を減らすという作用があります。
なので、生理前にイライラすることも、浮腫むことも、食欲が増加することも
ホルモンの影響によるものなので、決してあなたが悪いわけではないので安心してくだい。
特にダイエットをしていると、日頃の食事を気をつけて、運動も取り入れているのに、
痩せるどころか体重が増えたりすると、自分は何で痩せれないのかと悩む方いらっしゃると思います。

しかしこれは女性特有の体の反応なので受け入れてみましょう。
そうするだけで心が楽になるはずです。
体重キープできたら自分をたくさん褒めて上げください!
そして、体重が増えても水分なので気にしないでください!

この時期は体重、体型よりも心の状態と、体の調子を整えることに意識をおくといいです。
朝散歩して日光を浴びたり、お風呂にゆっくりつかったりして、リラックスさせましょう。

BELLO 宇宿店 パーソナルジム

閲覧数:1回0件のコメント