※女性の方は1度読んでみてください。

こんにちは。
BELLO パーソナルジムです♪

女性にしかない月経。 初めての月経から最後まで約30年〜40年と長く付き合っていく中で あなたの月経は正常ですか?月経止まっていませんか?放っておいていませんか? 月経は自分の体の状態を表す指標にもなる重要なものです! とても大事なな内容になっておりますので、最後まで読んでいってください。 今回はリードでも出しているように月経についての内容になっています。 月経というものは女性のみに起こる体の現象で、日本人女性の平均で12歳で初経を迎えてから
45−55歳頃の閉経までの約30−40年もの長い間起こるものとなります。 このブログを読まれているほとんどの方が初経を迎えられていると思いますので、
今回月経の仕組みについては割愛させていただきます。 では、ここからの内容ですが、 ①月経周期の数え方 ②正常な月経 ③異常な月経 主にこの3つについてになります。ご自身の今月の月経の状態を頭に置きながら
読んでいってください。 早速、①の月経周期の数え方について 月経周期は月経1日目から次の月経が開始する前日までを指します。 月経の最後の日から次の月経まで、ではないので注意してください。 次に②の正常な月経について 正常な月経の状態、 まず周期は25−38日間です。 そして、月経の持続日数は3−7日間。 経血の量としては20−70gとなっています。 ここまでで、今月の月経の状態はこの範囲に当てはまっていますでしょうか? 当てはまっていない方は必ずここからの内容を読んでいってください! 次に③の異常ありの月経について まず周期ですが、周期が39日以上(希発月経)もしくは24日以下(頻発月経)と言われ
いわゆる月経不順です。
この状態は月経時に排卵を伴っていない場合も考えられます。
そして、これまであった月経が3ヶ月以上止まっている状態を続発生無月経。
この場合はすぐに産婦人科を受診しましょう。 次に、月経の日数についてですが、2日以内を(過短月経)9日以上は(過長月経)と言います。 経血の量は、昼間でも夜用ナプキンを1−2時間毎に交換しなければならない程の場合を(過多月経) 反対に、出血量が少なく拭くとつく程度や茶色いおりもののみの場合を(過少月経)と言い、 量が多過ぎても、少な過ぎても体の状態は良くありません。 ここ数ヶ月、量や日数が変わってきた感じがするという方は体に何かしらの変化が
起こっているサインです!! 放っておくのではなく今一度ご自身の「食事」「運動習慣」「睡眠時間」「ストレス」
あったのかなど見返してみましょう! 異常な月経の状態が続くと最悪の場合、妊娠できない体になってしまう可能性があります。 今は結婚や子供のことは全く考えていないという方でも、今後考えが変わった時に、
異常な状態と知っておきながらも放っておいたことをとても後悔すると思います。
今から生活の見直しをしていきましよう。 また、女性ホルモンが分泌されなくなると、骨折や怪我のリスクや高血圧、むくみ、肌荒れなどにも 大きく関わってきます。

BELLO 宇宿店 パーソナルジム


閲覧数:6回0件のコメント