top of page

鹿児島県の子供向けジュニアスポーツクラブ〜スポーツジュニアにおすすめな食事〜



皆さんこんにちは♪

BELLOパーソナルジムです!


どれだけ食べたら良いのかの目安は、年齢・性別

・運動量・練習内容などによって異なります。

運動量が多いトレーニングを行うときには、ジュニアでも成人と同じかそれ以上のエネルギーが必要になる場合もあります。ジュニア期に栄養が不足すると、筋肉量が減少したり貧血になったりするリスクが高まり、体の成長を妨げてしまう可能性がでてきます。バランスが整った食事を摂り、栄養不足とならないように心がけましょう。


1日3食しっかりと食べる

一番基本ですが、特にジュニア期は1日3食をしっかり食べましょう。

成長と運動の両方で栄養素を消費するスポーツジュニアが、体に必要な栄養素を充たすためには、1日3回が必要です。朝は時間がないなどの理由から、朝食を欠食している割合が増えています。


<朝食がもたらす効果>

・体温を上昇させ、体を目覚めさせる

・集中力を高める

・1日の必要栄養量の確保


スポーツジュニアは特に、体づくりと、競技力アップのためにも、朝食は欠かさず食べましょう。



食事メニューの選び方のコツ

「バランスが整った食事を用意するのは難しい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

食事メニューの基本は意外とシンプルで、主食(ごはんやパン、麺類等)・主菜(肉類、魚介類、卵、大豆製品)・副菜(野菜、きのこ類、海藻類)をそろえることです。

また、果物や乳製品も1日を通して3食のどこかのタイミングで摂り入れるとなおバランスが整います。

品目がそろっていることを確認するようにしましょう。



消化吸収の良い食材選び

食べ物は種類によって消化にかかる時間が異なります。

トレーニングや試合の時間から逆算して、食材選びをしましょう。

消化が早いのは、糖質を多く含むごはんや果物などです。

運動前の2~3時間前に、バナナやおにぎりを食べるとお腹に残らず、体を動かすためのエネルギーとして効率良く使われます。


身体も心も大きく成長するジュニアアスリートを大きくサポートするのは日々の食事です。



4歳〜幼稚園       9時〜10時

小学1年生〜小学3年生  10時〜11時

小学4年生〜中学3年生  11時〜12時


毎週日曜日開催中!!

体験・見学→無料





閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page